白椿 2007.11. 2(金)

  白い椿.jpg  白椿の花.jpg 
白椿。

白椿の花言葉は「最上の愛らしさ」「申し分ない魅力」「完全なる愛」など。

備前焼の花入れも素敵です。

 

ツルウメモドキ 2007.10.12(金)

うめもどき.jpg ウメモドキ.jpg

ツルウメモドキはウメモドキに似て赤い実をつけ、つる性であることから、その名が付きました。

秋になると、まわりの黄色い皮が3つに裂けて、中から真っ赤な種子が表れます。

赤い実と黄色の仮種皮との色合いがきれいで、生け花によく登場します。

紫式部.jpg

こちらは紫式部。
秋になるととても鮮やかな紫色の実がなります。
その実の美しさを平安時代の女流作家「紫式部」に例えられてつけられた名前です。

椿 2007.10. 5(金)

 雲竜柳・つばき.jpg  ツバキ.jpg  
椿と雲竜柳。
また、椿の季節がやってきました。
ちょっと写真が暗いですが、、、椿はこれから咲きます。

椿の花言葉は「完璧な魅力」「誇り」「控えめな美点」など。

夏場はお花、お休みです…m(_ _)m

西の陽射しが強くなってきたので、夏場のお花はしばらくお休みします。

折鶴とお手玉.jpg

生花の代わりに、初夏は涼しげに折鶴で。


酸漿(ほおずき)と抹茶椀.jpg

晩夏はホオズキ。


デルフィニウム 2007. 6. 8(金)

デルフィニウム.jpg デルフィニウムの花.jpg
デルフィニウム と レースフラワー、アイビー。

デルフィニウムという名の由来は、つぼみがイルカのような形をしていることから、ギリシャ語でイルカという意味の「デルヒ」からきたようです。
和名はヒエンソウ(飛燕草)。

花言葉は「清明」

凉しげで爽やかな花ですね。

レースフラワーはこれから咲きます。



ひまわり 2007. 6. 1(金)

 ひまわり.jpg 
ひまわりとナルコランです。

ひまわりの花言葉は「あなたを見つめる」

いつも太陽を見つめる一途なひまわりにぴったり。

ナルコランの葉は生け花でよく使われるそうです。さすが、存在感がありますね。

菖蒲(茶花) 2007. 5.18(金)

菖蒲(茶花).jpg 葉先.jpg 菖蒲の花アップ.jpg
菖蒲。今回は、お茶室に飾る茶花です。
茶花は、生け花と違って貼ったり からめたり 留めたり、といったアレンジはしません。
「なるべく、野に咲くそのままの姿を飾る」のが茶花。
だから、とてもすっきりしていますよね。

その自然な中に、2つの決まりごとがありました。
1つ目は葉先です。
すこーしですが、葉先に流れがあるのがわかるでしょうか?
3枚の葉のうち、左の葉は右なびき、真ん中と右の葉は左なびき、と決まっているそうです。

そして2つ目、花は葉の後ろ側に挿すということ。

・・・奥が深そうですね。。。

2007. 5.11(金) マトリカリア

  マトリカリア.jpg   マトリカリアの花.jpg

「マトリカリア」は、ラテン語の「子宮」という意味に由来します。仲間の花が 婦人病の薬として用いられたんだそうです。
別名「ナツシロギク」。初夏に白い花をつけることから付いた名前です。
花言葉 は「深い愛」

緑の葉は「オクラレウカ」。チョウダイアイリスの切り葉の名前で、花と葉は別の名前で流通されています。

2007. 5. 4(金) ひげなでしこ

ひげなでしこ・白ぼけ.jpg  ひげなでしこ.jpg  

赤くてかわいらしい花なのに、名前は髭撫子(ひげなでしこ)。
花の根元から出ている堅くて細い小さな葉が、髭に似ているからです。
でも、きちんと 別名「美女撫子(びじょなでしこ)」という名前があります。
花言葉 「純情な愛情」

見えにくいですが、「白ぼけ」 と 花器の前には「あかつる」があります。。。

そして、じつは今回の主役は・・・花器でした。
模様が兜を連想させません?端午の節句を祝っています。

          お店になにげなく、ピンポンマム ↓
        ぴんぽんまむ.jpg
菊です。この愛らしさからウェディングブーケやフラワーアレンジメントに使われるそうです。

  

2007. 4.27(金) 菖蒲

 菖蒲 咲きました.jpg   菖蒲の花.jpg
菖蒲(しょうぶ)と言うと、一般的には花菖蒲(はなしょうぶ・アヤメ科)の事をさします。
紫(赤紫・青紫)か白い花が多いですね。
花言葉は総称「優雅な心」。そして紫花は「あなたを優遇する」・白花は「あなたを信じる」。

(端午の節句に飾ったり 菖蒲湯として使われるのは サトイモ科の菖蒲で、花は地味です。)

丸い輪にかたちどった葉は、ニューサイランの葉です。
繊維植物として有名です。草姿も美しく庭園でもよく見られます。
葉からは繊維を採り、根は薬用に、花からは蜜を採ります。

店の前にいつの間にか たんぽぽ.jpg ←たんぽぽ♪