ツルウメモドキ 2007.10.12(金)

うめもどき.jpg ウメモドキ.jpg

ツルウメモドキはウメモドキに似て赤い実をつけ、つる性であることから、その名が付きました。

秋になると、まわりの黄色い皮が3つに裂けて、中から真っ赤な種子が表れます。

赤い実と黄色の仮種皮との色合いがきれいで、生け花によく登場します。

紫式部.jpg

こちらは紫式部。
秋になるととても鮮やかな紫色の実がなります。
その実の美しさを平安時代の女流作家「紫式部」に例えられてつけられた名前です。